将来のことを考えて小学生のうちに経済を学ぶのであれば、お金の流れや物価のこと以外に投資についても学んでおいたほうが良いでしょう。
子供に投資のことを教えるのは反対だという人のほとんどは、投資のことをギャンブルだと思っている人が多いですが、経済の仕組みを学ぶ上で投資を外すことはありえないです。
私達がお金を持った場合、生活費や娯楽費以外の余ったお金は貯金することが多いです。
この時お金を預けるのは銀行が多いと思いますが、銀行にお金を預けていても利息はわずかな金額なので、お金が増えるということはあまり期待できないです。

日本ではあまりない話ですが、銀行が倒産してしまうというリスクもない訳ではないです。
そこで、お金を増やすために積極的な資産運用するのであれば投資をおすすめします。
投資には色々な種類があり、有名なのは株の売買や不動産の売買などです。

では、株はいつどこで購入すれば良いのかというと、今はインターネット上ですべての取引を完了させることができます。
パソコンやスマートフォンを使って好きな証券会社で口座を開設します。口座を開設することができたら後は投資する会社を絞っていきます。
株を購入すればその会社の株主となり、一定の株式を超えると株主優待というサービスを受けることができます。
小学生におすすめの株主優待はバンダイやトミカなどのおもちゃが貰える会社や、マクドナルドやロッテなどのファストフードの会社やお菓子メーカーなどもおすすめです。
小学生のうちはお金の流れや経済の仕組みを学ぶだけで十分なので、成長が期待できる会社への投資などは行う必要はないです。

自分の好きな株主優待をもらえる会社に小額の投資を行いましょう。小額でも投資を行うことで、経済に興味を持つと思います。
社会人になったときに、経済の仕組みをしっかりと把握していれば可能性が広がります。
自分で起業するという選択肢も持つことが出来るはずです。

株主優待はいつどこに届く?

株主優待はいつどこに届くのかというと、株式を所有している人のところに届きます。
時期は株主優待によって変わりますが、株主優待をもらう権利は権利確定日まで株式を保有していることで確定します。
つまり、この権利確定日まで株式を持っていた人のところに届くということになります。

小学生におすすめの株主優待としてはマクドナルドがいいかもしれません。
ここ以外でもさまざまな会社が株主優待を実施しているので、子供が喜ぶところを選ぶということも一つの方法です。
おもちゃを貰うことが出来る優待もかなりありますから、調べてみるといいでしょう。

注意すべきことは、株主優待は株式会社の考え方で優待内容が変わるということです。
優待を実施するのかどうかは会社が決めていてそれは常に実施されるというわけではありませんから、過去に実施されていたからといって、毎年必ず実施されるというわけではありません。
ただ、これまで優待を実施してきた会社は、実施する可能性が高いですから、基本的に実施されると考えて確認だけはネットでサイトをチェックしておくようにしておくという事で良いでしょう。
おもちゃの会社がおもちゃを優待にするという事もありません。

優待内容はその会社が独自に考えて実施しているので、会社によっては自社の業務とは関係ないようなものが優待になっている事もあります。
ですから、株主優待を目的に株を考える時には優待の内容が何なのか、それは毎年実施されているのかどうかなども調べておくべきでしょう。
毎年優待の内容が変わるというところもあるので、そうしたところでは、去年とは優待の内容が変わってくるという事もあります。
株主優待は会社の考え方によって簡単に変えることが出来るものだということは知っておくべきです。