株式投資で避けるべき銘柄の一つに、仕手株があります。
仕手筋が仕掛けている銘柄と思ったら、すぐに損切りをしてリスクを避けるのは株式投資で安定して利益を得ていく為に重要なポイントです。

仕手株の銘柄と判明してすぐに損切りするべき理由としては、値動きが激しすぎるという点があります。
仕手株は仕手筋が意図的に株価を操作している銘柄ですから、仕手筋が利益を出す為に意図的に株価を上下させており株式投資のセオリーが通じません。
株価がいつ上がるか下がるのかは仕手筋の考え次第であり、株式投資の主導権を仕手筋に握り続けられる不利な状態になります。

株価が上下しやすいのなら短期投資に向いていると考えられるかもしれません。
しかし、仕手株の株価はあくまで仕手筋が設ける為に操作しているものであり、仕手筋は他の投資家に利益を与える気はありません。
他の投資家の損を自分達の利益にする為に動いている存在ですから、値動きの良さに釣られて仕手株で利益を得ようとする自体が仕手筋の罠にはまっていると言えます。

仕手株とわかった後でも損切りをするのは躊躇いがあるかもしれませんが、全体で見れば損切りは悪い選択ではありません。
利益の生じない銘柄を捨てて、別のチャンスを狙う事ができるからです。
利益を得られるチャンスが多い程投資は有利になりますから、損切りで生じる少しの損の為に、より多くの利益が得られるチャンスと時間を無駄にするべきではありません。
仕手筋の株価操作は犯罪であり、実際に逮捕者も頻繁に出ています。一般の投資家が関わるべきではない存在です。

実際に株式投資を行う上で、仕手株の見極め方としては情報を調べる事が大切になります。
例えば、銘柄の知名度や株価をチェックしてみましょう。
一般的にあまり知られていない会社の株式で、株価が低い水準であるにも関わらず定期的に上がったり下がったりを繰り返している場合は要注意です。
正当な投資のチャンスは他の銘柄にいくらでもありますから、仕手株は損切りして他の投資家よりも先に投資のチャンスを探す方が有利です。
チャンスが増える分、結果的に利益を増やしやすくなります。

仕手筋たちは逮捕されるのか

仕手筋たちは逮捕されるのかというと、これはケースによるということになります。
つまり、逮捕されるかどうかは分からないという事になります。
何故なら犯罪は証拠がなければなりませんが、仕手筋の手法は多岐にわたっていて、その証拠をつかめるかどうかは分からないからです。

ですから、仕手筋の関わっている株だと分かったら早めに損切りをするようにしましょう。
見極め方は常識では考えられない動きをしているかどうかで判断できるはずです。
基本的に仕手筋が狙っているのは何も知らない一般の投資家達です。
そうした人たちが慌てている、若しくは手をこまねいている時にさっさと自分たちで株価操作をして利益を出していくということをしているのです。

仕手筋のやり方は常識では考えられない方法をしてくるので、まずこれを普通の方法で切り抜けようとしても出来ません。
このような方法は違法であることは間違いありませんが、それで逮捕するとなるとその違法性を証明する必要があるので難しいわけです。
日本は推定無罪という考え方をとっています、これは有罪かもしれなくても証拠がなければ有罪には出来ないという考え方です。
つまり、限りなく黒に近いと分かっていても明確な証拠がなければそれを有罪とすることは出来ないという考え方なのです。

仕手筋のほとんどの手口は証拠が残らないものを多用しています。下手に証拠になるようなものは残してもいないということが多いでしょう。
ですから、なかなか仕手筋は逮捕されにくいというのが実情です。
何しろ仕手筋が株価操作をしているという事は今では公然の事実となっていますが、それをどこの誰がやっていて仕手株は何が狙われるのかも分からないのが現状です。
ですから仕手株のようなものとは関わり合わないのが賢明です。