資産運用を考えてはいるが、知識がないのでプロのアドバイスをもらいたいとか考えている方にとって利用価値が高いのが投資顧問です。
投資顧問はそのまま資産運用や投資のプロですので、素人では持っていない知識や、手法で資産を形成したり、増やすアドバイスをしてくれるメリットがあります。
日本は投資にはお金を回さずに貯蓄する方がまだ多いものですが、欧米では積極的に投資を行って資産を増やすという考え方が根付いていますので、多くの投資顧問が活躍しています。
会社に帰属して活躍されている方もいれば、フリーランスで活躍されている方もいます。
日本では投資に慣れていない方も多いので、投資顧問の選び方を知らない方も少なくありません。

中には資産を狙って高い顧問料だけを請求してくるような業者も存在していますので、契約前には注意して選ぶようにしましょう。
特にアドバイスだけではなく、資産を一任して投資顧問に預けて運用をしてもらう場合にはその投資会社やフリーの方であればその方の運用実績などをしっかりと調べて確認しておく必要があります。
投資顧問業協会という一般社団法人などもあります。
大手の投資顧問会社になればなるほど、取引会員が個人ではなく対会社などになってきます。
当然のことではありますが、企業も持っている資産を増やす必要がありますので、会社が庫なっている事業とは別に投資も並行して行って運用益を上げる会社もあります。

しかし、会社の利益を失ってしまう程の大きな損失を抱えてしまうリスクも内在しています。
投資顧問会社を選定する担当者は注意点としてどのくらいのリスクをとっているのか、どのくらいの運用益が見込めるのか、運用実績はどうかなどを知っておく必要があります。
また、個人で企業でもどのくらいの損失を出したら損切りをするか、その後のサポート体制についても契約前に確認しておきましょう。
顧問料金だけ取られて損失を出されてしまったという結果にならないようにしましょう。

投資顧問業協会ってなに?

投資顧問契約を行い少しでも助言を受けられたらと考える場合、1番気になるのは安全性です。
ニュース等でも投資に関する勧誘で被害に合った事等も放送されている位です。
投資顧問を利用する場合は安全性に着目する事が重要になります。

金融庁に届出を行っているか否かは重要で、届出をしているという事は管理下に置かれているので監視の目があるという事です。
その顧問助言業者が独自ルールで単独で行っている場合、運営を正しく行っているかを指導する者がいません。
その為第三者からの目が付いているかどうかで安全性を高められる事になります。
任意ではありますが投資顧問業協会という投資家の保護を目的とした組織もあります。
業務の公正な遂行と社会的信頼を目的に組織されており、会員になった会社の行為規範の制定や自主規制ルールの遵守状況の確認・指導をおこなっています。

また投資顧問業を行っている会社が公正に業務を行っていない場合は会員の処分を行います。
投資家にとってこれらの目的で運営されている組織に加入している業者は信頼度も高まります。
相談や苦情があった場合、連絡先が明確になっている事が何よりの安心に繋がります。
投資顧問業協会に入会している会社に対しての苦情処理や紛争解決措置も講じてくれるので、何かあった時に対応してくれる組織が別にあるという事です。

以上の事から投資顧問を利用する場合、選び方としては金融商品取引業を内閣総理大臣に認められた顧問業協会に入会している会社が、投資家にとってのメリットも大きい事になります。
注意点としては、公益法人等ではなく名称が変更された事です。
一般社団法人日本投資顧問業協会が正式名称なので、他の協会に入会しているといった会社は嘘をついています。

最近のオススメの投資顧問会社として、トレーダーズブレインマーケットが挙げられます。
トレーダーズブレインマーケットは投資顧問業協会に入会している会社で、しっかりとプロが対応してくれます。
この会社はおもてなしの心をコンセプトとしていて、無料で質の高い推奨銘柄を受け取ることができます。
ぜひ一度トレーダーズブレインマーケットのサービスについて検索してみてください。